CSRエブロのCSR

CUDOの活動への賛同

当社は、多様な色覚を持つさまざまな人々にとって社会の色彩環境を より使いやすいものに改善してゆくことで、「人にやさしい社会づくり」を めざすNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(略称CUDO (クドー))の 活動に賛同し、当社の企業のコミュニケーション活動をサポートする事業を通じて、 色覚の個人差を問わず、できるだけ多くの方に見やすいカラーユニバーサルデザイン の普及に貢献してまいります。

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(略称CUDO (クドー))とは

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

いわゆる色弱者※は日本国内に300万人以上いるとされております。
しかしながら、公共物(信号、交通標識、電光掲示板等)、公共的刊行物(地図、地下鉄・鉄道路線図、教科書、学習教材等)、展示・案内表示(駅、公共施設、博物館等)、OA 機器や携帯電話、家電製品、電子機器等の操作画面に至るまで、ありとあらゆる生活環境で、こうした人々に配慮されずに色彩設計され、このために日常生活に多くの不便を生じさせているのが現実です。

色弱者

色覚異常・色盲・色弱・色覚障害・色覚特性などの表現で称されるもの。後天性を含む

CSR ニッセイエブロのCSR CUDOの活動への賛同

Contact お問い合わせ

プロジェクトに関するご相談、お見積もりなど、お気軽にどうぞ。

0%