CSRエブロのCSR

Eblo Report 2011年版

平成24年1月13日

昨年に続き、次世代を担う学生と企業が協働し、企画・制作。
CSRへの取組みを記載した「Eblo Report 2011」を発行。

このプロジェクトは、昨年同様、ニッセイエブロ株式会社が加盟する国連グローバルコンパクトへ提出する活動報告書(COP〔Communication on Progress〕)の制作にあたり、武蔵野大学環境学部(矢内秋生教授/学部長)佐々木重邦ゼミの活動として、同学部学生(2年生男子二名、4年生女子二名)とニッセイエブロ株式会社との協働により企画~制作を行いました。

昨今の厳しい就活状況の中、学生が日頃の研究を実践の場として、本プロジェクトに参加することは、学生、大学にとっても有益な機会であり、私たち企業にとっても「次世代の人材育成」に貢献できる取組みになると考え、昨年よりスタートし、2年目を迎えます。昨年、本プロジェクトに参画した3名の同大学学生は、自身の就活において、全員早い時期に希望通りの結果を勝ち取ることが出来ました。学生は異口同音に「本プロジェクトが、就活に有効であった」と言っています。

本プロジェクトは、全工程にわたって学生が企画・提案し、制作のディレクションを行うスタイルで進行、今回は2年生の男子メンバーが中心となって推進しました。10月には、コンセプトメーキングからラフデザイン、レイアウト構成、そして社員へのインタビューやアンケートによる調査を通しての取材、原稿案の執筆まで全て学生主導で行いました。

私たちは、これからもコミュニケーションの分野で、社会貢献への取り組みを果たしていきます。

活動報告書ダウンロード

打ち合わせの様子

CSR Eblo Report Eblo Report 2011年版

Contact お問い合わせ

プロジェクトに関するご相談、お見積もりなど、お気軽にどうぞ。

0%