ニッセイエブロ株式会社

Serviceサービス

平成27年9月の関東地方北部から東北地方南部を中心とした豪雨は、各地域に甚大な被害をもたらしました。特に茨城県常総市においては鬼怒川の堤防が決壊した結果、広範囲が水没し5000棟以上が全半壊しました。
このVR(360度体験動画)は堤防の決壊等を実写とCGの合成により制作。

VRゴーグルを装着してこの動画を見ることによって、バーチャルリアリティの3次元空間が体験できます。平面上の動画ではなく、360度(上下左右、前も後ろも)の動画を見ることができ、災害がどのように起こったのかをリアルに疑似体験できます。
水害被害を風化させないため、今後同じような災害が起こってしまった時、どのように行動すべきか考える上で役立つものと思われます。
動画は決壊当時の記録データを活用して時間経過における「水深」などの情報を表現、決壊した堤防の上からと河川敷から堤防を見ている2つの視点で作成しています。

【限定公開】

中学校・高校の防災教育授業、自治体等での防災担当者向け研修、その他、施設の視察時や各種啓発活動など

0%